スタッフブログ一覧/岐阜の注文住宅は無垢ストーリーの山喜建設へ

  1. ホーム
  2. スタッフブログ

スタッフブログ

お花見 墨俣の一夜城にて

[ Category: 日々の出来事 ]

こんにちは、県庁前展示場の佐竹です。

惜春の候、お変わりなくお過ごしでしょうか?
まもなく5月となり、元号も「平成」から「令和」に変わります。

平成に生まれ平成しか知らない私は、元号が変わるとの公表を受けた際、不思議な感覚になったことを思い出します。

これを新たなスタートと捉え、私もより一層皆様のお役に立てるよう努めて参りたいと思います。

 

4月がもう終わろうとしていますが、先日私は家の近くにある大垣市の墨俣城・別名(一夜城)にて花見を行いました。

一夜城と呼ばれる所以は偉人織田信長が美濃侵攻を行うにあたってわずかな期間(1夜)で木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)

に城を築かせたことが理由と伝えられています。実際のところは不明な点が多く様々な議論があります。

 

 satake1-min.jpg

 

私自身も大垣に住んでいるので幼い頃から一夜城について、両親や学校の先生などから話を聞かされることがあり

その頃は幼心に一夜で城を築く方法を考え、実行する豊臣秀吉の智力・行動力に尊敬の念を抱いていたことを思い出します。

 

satake2-min.jpg

 

実際に一夜城を見たことがある方はお分かりいただけるかと思いますが、僅かな期間で築いたとは思えない程、他のお城と比べ

てみても何ら変わらない立派なお城で、毎年この時期になると多くの花見客が集まるほどの人気スポットとなっております。

 

satake3-min.jpg

 

花見時期は出店もたくさん並んでおり、お祭りのような気分を味わうこともできます。

まだ行かれたことがない方は是非,来年にはなってしまいますが行って見て下さい!

夜桜が特に人気で夜はかなり多くの車で混雑しますので行かれる際には、事故等ないよう十分お気を付けてお出かけください。

この記事の続きを見る

オリジナル玄関戸制作の様子

[ Category: 本社工場 ]

 こんにちは。本社の矢澤です。

今年は春先の雨が少なく気温もあまり上がらない日が多かった事で桜の開花も遅くなり例年よりも長く楽しめる事が出来たような気がします。

 

写真は本社近くの桜ですが4月15日に撮ったものですがまだ綺麗に咲いていました。

 

20190416_174415-min.jpg

 

さて今回は玄関戸(板貼り面材)についてのお話です。

この記事の続きを見る

北欧風住宅のお話

[ Category: まめ知識 ]

はじめまして、こんにちは!

新しく四月から入社しました企画の兼松です。

まだまだ慣れない事も多く、建築に関しても勉強中の身ですが

お客様に無垢Storyの良い所をたくさん知っていただけるように頑張っていきます(^^♪

 

さて、先ほども勉強中の身と書きましたが皆様にお伝えできるような知識は残念ながらまだありません・・・

ですのでちょっとした豆知識、北欧風って何?北欧風の住宅ってどんなの?

というのを調べてきたのでまとめて見ようと思います。

この記事の続きを見る

本社工場見学のお話

[ Category: 本社工場 ]

こんにちは

本社の細江です。

 

連日のポカポカ陽気で桜も満開となり、週末は各地で桜まつりなどが行われたようですね。

私は桜を見がてら犬山祭に行って来ました。岐阜事業所からも近く、普段何気なく通っている辺りですが、なかなか行く機会が無く今回初めて見に行って来ました。

 

到着するといきなり13輌の車山がお出迎えしてくれました。

 

 

 

h_1-min.JPG 

目の前を通過する車山は凄い迫力!

 

h_2-min.JPG 

今回はついつい食べ歩きに走ってしまい、肝心の桜と、祭りの見どころ「からくり」は見ることはありませんでした。

犬山祭は夜の提灯を灯したところが見物らしいので、次回は是非ガマンしたビール片手に拝見したいと思います。

 

 h_3-min.JPG

 

さて今回は本社工場見学のお話です。

 

この記事の続きを見る

とある平成のアスリートの話

[ Category: 日々の出来事 ]

 

こんにちは!

いつも元気な営業の鈴木です!

 

昼間は随分と暖かくなり桜もピークとなりましたね (喜)

せっかくの良い気候のこの時期ですが・・・  鈴木は花粉で・・・ (苦)

まもなく”平成”も終わりを迎え5/1からは新年号で新しい時代がスタートします。

平成を振り返って。。。

 

TS0529005_TP_V-min.jpg

 

語りだしたらキリがありませんので平成を走り抜けたあるアスリートをフューチャーしたいと思います。

この記事の続きを見る