無垢ストーリーの住まい一覧/岐阜の注文住宅は無垢ストーリーの山喜建設へ

  1. ホーム
  2. スタッフブログ
  3. 無垢ストーリーの住まい

スタッフブログ/無垢ストーリーの住まい

モザイクタイルについてのお話

[ Category: 無垢ストーリーの住まい ]

 こんにちは。各務原展示場 営業の加藤です。

 
猛暑を乗り越え、やっと過ごしやすい季節になってきましたね! 
行楽シーズンを迎え、先日岐阜県多治見市にある多治見市モザイクタイルミュージアムに行ってまいりました。
 
kato1-min.jpg
 
 
こんもりとした「土の山」のような建物につづく一本道…とてもインスタ映えしますね~
(写真がヘタですみません汗)
 
 
実はこの多治見市、タイルの生産量が日本一!美濃焼タイルとして全国に知られていて、
その歴史は悠に1世紀を超えます。
 
多治見でタイル製造が花開く土台になったのは、
この地域で1300年を超える歴史を持つ「美濃焼」の技術や伝統と言われています。
 
大正から昭和の初めごろ、モダン建築の隆盛に合わせてタイルの需要が高まり、
それに伴ってタイルの生産量は増えていきました。
その頃、多治見市(旧笠原町)では全国に先駆けて美濃焼の技術を生かして
磁器質の施釉モザイクタイルを誕生させます。
施釉された磁器質のモザイクタイルは、
高い耐久性・耐水性だけでなく色や形などのデザインの幅が広く、全国に普及していきました。
さらに戦後の好景気のなかで、技術・デザインともさらなる発展を遂げていきます…
 
と能書きはさておき、モザイクタイルミュージアムの見どころは歴史的展示物だけではなく、
建物内のいたるところにあるタイルのオブジェや壁面に施されたモザイクタイルによるモザイク画
そして様々なタイルのサンプルの展示です。
 
kato2-min.jpg 
 
最上階にある半屋外のスペースには、壁や天井一面をモザイクタイルで仕上げられた空間が広がっており、
展示されているオブジェには様々な形のタイルが使われていて見応えじゅうぶん!
 
 
kato3-min.jpg
 
 
可愛らしい金魚がモチーフのタイル。こうしたサンプルをたくさん見ることができます。
 
 
そして、このモザイクタイルミュージアムが全国的に知られるもう一つの理由は、
その“建物”自身の独自性です!
建築史家の藤森照信氏によってデザインされた建物は、この世に二つと存在しない独特の佇まいで
外観・内観とも否応なく人々の目を引きます。
 
 
 
kato4-min.jpg
 
 

ひび割れた無骨な土壁に、陶器やタイルの破片があしらわれていてポップな雰囲気のエントランスに!

 

まだ行かれたことのない方は是非一度行ってみてください!

〈情報〉

多治見市モザイクタイルミュージアム

多治見市笠原町2082-5

開館時間 9:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)

※休館日はおよび開館時間は直接お問い合わせください

※年末年始12/29~1/3の間休館となります

 

 

さて今回は、その「モザイクタイル」についてのお話です。

続きを見る

名古屋城本丸御殿から考える、木造建築と自然素材の良さ

[ Category: 無垢ストーリーの住まい ]

こんにちは。

各務原展示場の加藤です。

 

三寒四温で少しずつ春を感じられる季節になりましたね。ただ、同時に花粉の季節でもあり. . .

春の到来を素直に喜べない花粉症の私です汗

 

何はともあれ春です!春といえば桜、桜の名所といえば名城公園が有名ですね!

毎年、桜の季節にはたくさんのお花見客でごった返す名城公園ですが、

ここまで来たなら名古屋城にも足を運ばないともったいないです!

なぜなら、「本丸御殿」があるからです。

 

 190315-1-min.jpg

 

続きを見る

和室の格天井のお話

[ Category: 無垢ストーリーの住まい ]

こんにちは!

名古屋東展示場の荻野です。

 

先日、愛車のタイヤを買い換えました。

100キロの慣らし走行を終え、お気に入りの観光地までドライブしてきました!

 

行き先は滋賀県にある《堅田の浮御堂》。お気に入りスポットです。

 

180925-1-min.JPG

 

有名な近江八景の一つに挙げられる「堅田の落雁」として、浮世絵師・歌川広重などが絵画を残しているのですが、

みなさんはご存知でしょうか?

サスペンスドラマのロケ地で有名と言えば、見た憶えがあるかもしれませんね(笑)

 

《堅田の浮御堂》は、海門山満月寺と称する禅寺の敷地内に建立されました。

湖上通船の安全と衆生済度の発願のため、阿弥陀仏一千体が安置されています。

琵琶湖の最狭部にあって湖中に突出したお堂なので、湖面に浮かんでいる正に呼称される所以です。

 

180925-2-min.JPG

 

180925-3-min.JPG

 

お堂から眺める琵琶湖大橋!

いいですねぇ。気持ちのいい風に吹かれて心安らぐひとときですよ。

 

180925-4-min.JPG

 

片道200キロ圏内なら日帰りドライブコースですが、今回は出発が遅かったので時間に余裕がなく、

京都まで足を延ばせませんでした。

琵琶湖大橋経由で行けば、京都大原三千院が近いんですよね。

 

車でどこか行きたい方は、おすすめですよ!

 

さて、今回は和室の格天井(ごうてんじょう)についてです。

続きを見る

無垢と漆喰の家は涼しくて過ごしやすい!自然素材のお話

[ Category: 無垢ストーリーの住まい ]

こんにちは!

県庁前展示場の加藤です。

 

夏休みまっただ中ですね!海に山に出かける機会が多いこの時期ですが暑すぎると外出もおっくうになって

しまいますよね…

そこで、私がおすすめするこんな季節にぴったりのスポットをご紹介しちゃいます!

 

皆様はナイトアクアリウムをご存知ですか?

そうです!夜の水族館のことです。

 

名古屋港水族館では毎年夏休みの時期にあわせてナイトアクアリウムが開催されています。

私は毎年楽しみに行っています♪

そんな名古屋港水族館のサマーナイトアクアリウムの様子をご紹介します。

 

 

まず見ていただきたいのはズバリ!「クラゲ」です。

名古屋港水族館では「くらげなごりうむ」という新コーナーでクラゲ専用の大型水槽での飼育の様子や鏡を使った

面白い展示がされています。

ふわふわ漂っているクラゲを見ていると日常の忙しさを忘れ、癒されること必至!何時間見ていても飽きないと

思います(^^)

 

180731-1-min.jpeg

(南館1F くらげなごりうむ)

※クラゲちゃんの種類は健康状態により変更されることがあるみたいです

 

 

続きまして、「マイワシのトルネード」 大水槽で約35,000匹のマイワシが大きな群れを作って一糸乱れず

泳ぎ回る様は圧巻の一言です! LEDによる幻想的な演出はおよそ5分ほどですが見入ってしまって一瞬に

感じますよ。

開演時間が決まっていますので、事前にチェックをお忘れなく〜。

 

180731-2-min.jpeg

(南館2F 黒潮大水槽)

 

 

そして名古屋港水族館といえば何と言っても「イルカパフォーマンス」ですね!

空が暗くなってから明るくライトアップされたメインプールは昼とは雰囲気が違っていてその雰囲気だけでも

楽しんでいただけると思います。

 

夏限定のパフォーマンスもあり約20分のパフォーマンスはボリュームたっぷり!かわいいイルカちゃんたちが

一生懸命パフォーマンスをしてくれる姿は愛らしくて、いつも歓声が上がりまくっています笑

ぜひ近くで観てみて下さい♪ こちらも開演時間が決まっていますので入館時にチェック!

 

180731-3-min.jpeg

(北館3F メインプール プールの大きさは日本最大!)

 

 

最後にもう一つ。メインプールの下には水中観覧席があります。青い青い巨大水槽の中でイルカちゃんたちが

泳ぎ回る姿を座りながらゆっくり観ることができます。またイルカちゃんたちはサービス精神旺盛!

近くまで来てくれたりいろいろな動きを見せてくれたり…

イルカパフォーマンスの後に行くと、のんびりリラックスしたイルカちゃんたちを見ることができてまたまた

癒されます…

 

180731-4-min.jpeg

(北館2F メインプール下の水中観覧席)

 

いかがでしたか?

今回ご紹介した展示に限らず、夜の水族館は照明が落とされて館全体が幻想的な雰囲気に包まれます。

まさに海の中にいるようで暑さも忘れられます。

日が傾いて涼しくなってから出かけられる素敵なスポットで、暑い夏を乗り切ってくださいませ!

 

Information

名古屋港水族館 7月・8月夏季営業情報 

(休館日)  7月〜8月 無休 

(営業時間) 9:30〜20:00

※8月12日〜16日は開館時間8:30〜

※20:00までの営業は9月2日まで

※17:00以降の入場は入場料が2割引です♪

※内容は変更になることがあります。事前に必ず名古屋港水族館さんのHPでご確認ください!

 

さて、毎日暑い日が続きますね!岐阜県でも多治見市や揖斐川町で全国一の暑さを更新していますねー汗。

皆様はどう暑い夏を乗り切っていますか?

エアコンが手放せない毎日です、が実は!山喜の「無垢材と漆喰の家」は涼しくて過ごしやすいんです!

その理由は…

 

続きを見る

自然塗料『リボス』についてのお話

[ Category: 無垢ストーリーの住まい ]

こんにちは。

本社の細江です。

 

無垢Storyの家は自然素材にこだわった家。もちろん、無垢材の仕上げも自然素材です。

天然ものってなんとなく良さそうなイメージはあるけど、実際何がいいのかよくわからないこと、多いですよね。

今回はそんな自然塗料『リボス』についてのお話です。

 

180210-2-min.jpg

続きを見る

エアコンの電気代ムダに払っていませんか?