最強の耐震/岐阜の注文住宅は工務店の無垢ストーリー(山喜建設)へ

地震から大切な家族を守る(最強の耐震)地震から大切な家族を守る(最強の耐震)

  1. ホーム
  2. 最強の耐震

最高レベルの「耐震等級3」を超えた、最強の耐震とは?

無垢ストーリーのCafe Styleの家は、地震から家族の安全を守るため、地震に強い家づくりを追及します。

まず始めに「耐震等級」をご存じですか?

耐震等級とは、地震に対する建物の強さを表す等級です。

耐震等級1
建築基準法(法律)にて定められている、最低限の耐震性能。震度6強~7の地震でも、即倒壊はしないレベル。ただし、大規模修繕や建て替えとなる可能性がある。間取りの自由度◎
耐震等級2等級1の1.25倍の耐震性
等級1の1.25倍の耐震性能。震度6強~7の地震でも、一定の補修程度で住み続けられるレベル。 学校や避難所といった公共建築物に等級2が多い。間取りの自由度○
耐震等級3等級1の1.5倍の耐震性
等級1の1.5倍の耐震性能。震度6強~7の地震でも、軽い補修程度で住み続けられるレベル。消防署や警察署といった災害復興の拠点となる防災施設に等級3が多い。間取りの自由度△

しかし、耐震等級3には大きなデメリットが!?

耐震等級3が一番地震に強いのですが、耐震等級3は間取りの自由度が損なわれます。
壁を多く設ける必要があるため大きなLDKが作りにくいのです。
例えば、耐震等級2なら問題ない間取り(※図1参照)も、
耐震等級3は、耐震性能をあげるために壁を入れざるを得なくなり、(※図2参照)
広々とした開放的な空間が実現できません。

図1:耐震等級2の図面図2:耐震等級3を実現しようとするとこんな所に壁が必要になります

そこで、木造住宅にあるものをプラスすると、耐震等級2でも
耐震等級3より地震に強くなり、自由な間取りも実現できます
その「あるもの」とは↓↓↓

制振装置 ブレースリーK型(アルミダンパー)地震の揺れを最大73%軽減!

倒壊シミュレーション(木造住宅倒壊解析ソフトによる)

床面積105㎡・地震波(JMA神戸)・内外装を除いた構造体とする

耐震等級2 + ブレースリー

加振を5回加えても倒壊しない図

耐震等級3のみ

加振を3回加えると倒壊する図

「耐震等級3以上の耐震性」+「自由な間取り」を実現

無垢ストーリーの家は「耐震等級2」+「ブレースリー」で、最高レベルの耐震等級3を超える耐震性だけでなく自由な間取りを実現します。

制振装置 ブレースリーK型(アルミダンパー)地震の揺れを最大73%軽減!

お気軽に下記のモデルハウスまでお問い合わせくださいませ。