ブログ/庭づくりにオススメ!果実の成る植栽のご紹介

  1. ホーム
  2. スタッフブログ
  3. ガーデニング
  4. 庭づくりにオススメ!果実の成る植栽のご紹介

ガーデニング

庭づくりにオススメ!果実の成る植栽のご紹介

[ Category: ガーデニング ]

こんにちは。

各務原展示場の宮川です。

 

 
外の木々は青々として、すがすがしいお天気が続いていますね。
我が家の小庭も緑にあふれ、いくつかの果樹が実り始めています。
 
 
今回はお庭にオススメの、実のなる植栽をご紹介したいと思います。
 
180517-4-min.jpg

オススメ1 ■ ジューンベリー 

180517-1-min.jpg

 

まず育てやすい!

 

近年人気のある花木で、名前の通り6月に赤い果実をつけます。

春頃には白い花、初夏には赤く小さな果実、秋には紅葉 と四季折々に楽しむことのできる果樹です。

耐寒性・耐暑性にも優れ、毎日の水やりと年1回の肥料のみで、手間がかかりません。

挙げるとしたら、秋冬に落葉するので、その掃除ぐらいでしょうか・・・

 

果実はほんのりとした酸味と甘みがあり、いい香りです。

ちょうど今の時期は収穫期で、我が家では毎朝ジュースにしたり、ジャムにしたりして食べてます。

 

 

オススメ2 ■ ワイルドストロベリー 

180517-3-min.jpg

 

こちらも育てやすいです!

 

少し前に幸運を呼ぶと言われ、日本でも人気になりました。

ワイルドベリーはその名の通り野イチゴで、寒さにも強く、夏の暑い時期以外は実を付けるので、観賞用としても、

食べるにしても年中楽しむことができます。

繁殖力が高いため雑草対策にもお勧めで、逆に増えすぎてしまったときには、根が浅く整理しやすいのも特徴です。

 

果実は、普段見慣れたイチゴと比べると非常に小さく、直径1cmほどの大きさで、その中にギュッと風味や栄養が

詰まっています。

そのため、家庭菜園の一般的なイチゴより、甘みも酸味も強く、しっかりとした香りがあります。

ジュースにしても風味が損なわれないのでオススメです。

 

 

オススメ3 ■ ブルーベリー 

180517-2-min.jpg

 

見た目がかわいくおいしい!

 

紅葉がきれいで、花もかわいく、さらに実がおいしので、人気のある果樹です。

環境を整えてあげれば、観賞用、食用ともに楽しめます。

 

まずブルーベリーは、同一品種同士の受粉では結実しない為、必ず異なる2種以上を植樹する必要があります。

そしてブルーベリーに適した土壌を作ることが必要です(私は購入時に花木センターのプロにアドバイスを

していただきました)。

あとは日々たっぷりお水をあげることと、年に2~3回の追肥、それさえしておけば、夏の時期には毎日実がなります。

我が家はややさぼり気味ですが・・・

 

 

果実はグリーンから赤、紫、濃紫へと日々熟していきますので、見ていても楽しいです。

一度実り出すと、次から次へと実が熟し、2ヶ月間ほど毎日収穫することができます。

初めて食べたときは(変な表現ですが)本当にブルーベリーの味がするので驚きました。

昔食べたガムの香りが、香料ではなく本物の果実から味わえるなんて!

 

その風味はとてもさわやかで、ぜいたくな気分になります。

我が家ではミックスジュースにすることが多いですが、そのまま食べても◎。

多少のお手入れは必要ですが、とってもお勧めです!

 

 

まだ紹介しきれていない小庭の木々がありますので、また追々ご紹介させていただきますね。

 

次は果実を使ったオススメの食べ方のご紹介です▼

 

 

 

県庁前展示場 建て替え工事のご案内 県庁前展示場 建て替え工事のご案内