ブログ/冬に大活躍の薪ストーブのお話

  1. ホーム
  2. スタッフブログ
  3. 暮らす
  4. 冬に大活躍の薪ストーブのお話

暮らす

冬に大活躍の薪ストーブのお話

[ Category: 暮らす ]

こんにちは。

本社の杉山です。

 

気づけば12月、もう師走です。ここ数日は、日中暖かく過ごしやすかったですね。

 

少し前まで色づいた山がとてもきれいで、今年も紅葉を楽しめました。

写真は11月20日頃撮った写真ですが、この場所は昔JR東海のCMにも使われた場所です。

 

 

181208-1-min.JPG

 

181208-2-min.JPG

 

181208-3-min.JPG

 

待避所になっていて、カメラを構えた撮り鉄さんがよくいらっしゃいますよ。

 

先日、明治神宮外苑いちょう並木での外国人観光客のマナーの悪さがニュースで取り上げられていました。

車道に出て写真撮影をされるため、とても危険で、運転する方も迷惑しているとか…

 

どこでも言えることですが、やはりマナーは守らないといけませんよね!

 

 

さて今回は、薪ストーブの話です。


昨年、事務所の一角に設置された薪ストーブは三月初旬頃まで活躍してくれました。

シーズンの終わりには溜まった灰を出し、空の状態にしました。

 

181208-4-min.JPG

 

181208-5-min.JPG

 

181208-6-min.JPG

 

薪ストーブは鉄製品のため、錆びないようにしないといけません。

灰が残っていると湿気を吸い、そこから錆びていくそうです。

 

灰をきれいに取り除いたら、除湿剤を入れておくのがお勧めだそうです。

取り出した灰は取っておいて次のシーズン、最初にストーブを炊く時に敷き詰めると熱によるダメージが

軽減され、蓄熱量もアップするのだとか。

 

煙突掃除もしないといけません。

煙突掃除で出た煤は使用者の成績評価でもあるようですよ。

 

 

*煙突の灰状態*

 

  形状 サラサラ   量 ソフトボール1個分  ⇒ ○

   良い運転状態

 

  形状 パリパリ   量 ハンドボール1個分  ⇒ ○

   薪が湿っているかも

 

  形状 かたまり   量 重さを感じる     ⇒ ×

   薪の乾燥が不十分

   空気の絞りすぎ

 

 

このように煤の状態を見て運転状態を見直したり、改善して長く使用していきたいですね。

 

これから寒い間は本社見学の際、薪ストーブを見ていただけます。

エアコンやファンヒーターなどの暖房機もいいですが、薪ストーブのゆらゆら燃える炎は体はもちろん、

気分もほっこりあったまります。

 

181208-7-min.JPG

 

薪ストーブはお手入れが大変ですが、その分とても快適な暖房器具でもあります。

アウトドア好きな方にはピッタリ!新築のお家にご検討されてはいかがでしょうか?