愛知 岐阜の注文住宅は、「無垢ストーリー」の山喜建設へ

  • COMPANY
  • SITEMAP
  • CONTACT

愛知 岐阜の注文住宅は、「無垢ストーリー」の山喜建設へ

ホーム>スタッフブログ

最新情報

名古屋東展示場のお話

[ 2017年08月08日 Category: 展示場 ]

皆さん、こんにちは。

名古屋東展示場の荻野です。

 

夏本番ですね。ウキウキしたい季節ですが、日本独特のじっとり感じる不快な暑さ。たまりませんよね。

そんな気候には調湿性に優れた無垢材と漆喰壁が最適!無垢ストーリーの家づくりは、日本の風土に対して

理に適ったものです。

その原点である日本家屋を見てみよう!というわけで、「和モダン」がテーマの名古屋東展示場つながりで

探したところ、名古屋市東区にある「二葉館」・「橦木館」という大正時代のお洒落な邸宅を見つけ行って

来ました。

まず、「二葉館」。日本の女優第1号の川上貞奴と旧知の福沢桃介が共に暮らした家です。

 

170808-1.JPG

 

玄関へとアプローチして行くと、テラコッタ色の屋根に独特の配色を施した壁面が視界に飛び込みます。

そして三角屋根で半円形にせり出た小部屋、ステンドグラスが異国情緒をくすぐり、当時「二葉御殿」

と呼ばれるほど目を引いた存在なのが解ります。

 

170809-2.jpg

 

室内は意匠を凝らした箇所が随所に見受けられ、木の螺旋階段、ソファ、それらを取り巻く美しい天井や

床面の模様などなど見応えがあります。

 

170809-3.jpg

 

奥の和室は、きらびやかな洋館とは対照的でくつろぎを求めた感じです。ただ、照明は和洋折衷の遊び

心あるデザインで、和モダンをさりげなく取り入れているようです。

様式、デザインなど外観・内観も含め、参考になる箇所満載でしたね。

 

170809-6.JPG

 

ちなみに、福沢桃介はアノ福沢諭吉の娘婿であり、木曽川水系に発電所を建設した大正時代の電力王です。

いち早く電気が通ったので、当時流行りのステンドグラスがよく映えるように設計されたとか。

 

次は「橦木館」。陶磁器商の井元為三郎が建てました。

 

170809-4.jpg

 

外からでもわかる洋館・和館がつながってる形式です。

洋館は、典型的な和モダンです。立派な庭を眺められるテラス付きです。「二葉館」ほどではないですが、

各所に綺麗なステンドグラスが配されています。

次は和館です。長い廊下から庭を一望出来ます。注目は建具や欄間。お洒落で、特に襖に障子窓が施された

見た事のないデザインは個人的にびっくりしました。発想にないものが取り入れられていて、「二葉館」

同様刺激を受けました。

 

170809-9.JPG

 

どちらの邸宅も大正時代半ばに建てられたものですが、調和のとれた素敵な佇まいは一見の価値がありそうですね。

 

建物は「素敵だな」と思ってこそ、好きになります。そこで、名古屋東展示場の好きなところ一押しを

ピックアップしたいと思います。

 

 

自然塗料の染みこみやすさも違う「ランバー仕上げ」のお話

[ 2017年08月01日 Category: まめ知識 ]

こんにちは。

本社工場の向野です。

 

8月に入り、暑さもさらに増していく毎日ですが、花火大会や夏祭りが色々な場所で行われはじめる時期に

なりました。

下呂温泉の市街でも毎年、8月1~4日は下呂温泉まつりが開催されます。

温泉街を中心に催される祭りですが、一日目は夜に行われる龍神火祭りにまつわる椀神輿が下呂町

地区内を巡回します。

 

170801-1.JPG

本社事務所前の県道も神輿が通過していきます。

 

4つの神輿をひきつれて各地区の厄年の人たちが巡回して、祭の本番となる温泉街へ合流していきます。

本祭の龍神の舞も機会があればぜひ見ていただきたいと思います。

 

さて、今回は無垢材の表面仕上げの一つである「ランバー仕上げ」について紹介します。

貯金するための法則のお話

[ 2017年07月25日 Category: 暮らす ]

こんにちは。

各務原展示場の林です。

 

先日大井川鐵道のトーマス号に乗車してきました。

リアルの印象はでかい!不気味!人面機関車!でしたが、うちの四歳児は大興奮して喜んでおりました。

いざ乗車してしまうと普通のSLなので乗車した途端「帰りたーい」と言い出す始末でしたが・・・

整備工場見学もできるのでかなり楽しめました!

 

070725-1.jpg

 

さて、株式投資が趣味の私ですが、今回はもっとシンプルにお金を増やす方法をお伝えいたします。

建具のデザインのお話

[ 2017年07月18日 Category: 無垢家具・無垢建具 ]

こんにちは。

本社の矢澤です。

 

早いもので今年も半年が終わり7月になり…梅雨明け前から暑い日も連日続くようになりました。

170718-1.jpg

川では例年通りに鮎掛け(友釣り)をされている方が居ますが、今年は雨が少ない分鮎の成長もあまりして

いないようです。

しかしながら小振りでも天然の魚は美味しいものです。

 

さて今回は建具のデザインについてのお話しです。

光熱費も安くなる!低炭素住宅のお話パート2

[ 2017年07月10日 Category: 無垢ストーリーの住まい ]

こんにちは。

企画の遠山です。

 

最近、写真の撮り方を勉強しております。

といいますのも、弊社の施工事例の写真の半分以上が自社で撮影した写真なのです。

そして何を隠そう、その専属カメラマンが企画のわたくしの仕事なのです。

 

このお住まいとか…あのお住まいとか…

私が撮影したものです(中には前任の企画が撮影したものや、SUUMOのカメラマンさんもいます)

 

とはいえ、大学の講義でちょっと学んだだけのプロとは程遠い知識力…(笑)

そのためお客様への見学会宣伝の片手間で勉強をしているのです…。

 

170710-1.JPG

こちらが弊社の一眼レフカメラです。PENTAXです…

今カメラに装着しているレンズが、住宅を撮るのに一番適した広角レンズだそうです。

なのでレンズを切り替えることはほぼありません。

他にも色々あるみたいですが、私にはどれがどれやら…(笑)

先日、写真が趣味の営業さんに聞いてこの紫丸で囲ったレンズは物撮り用のレンズだという事を教えて

もらいました。

 

早速見学会のDM撮影ついでに練習してきました。

 

170710-2.jpg
170710-3.jpg

おお……ボケる…ボケるぞ…

F値を絞って撮りました。これはすごい、楽しい…

 

ちなみにコチラの物件は今月15日から見学会開催の関市H様邸です!

カメラの写真は明るさ調整などが出来るので、ある意味ニセモノです。

本物をご覧になって体感してもらうのが一番だと思いますので、写真で気になったところはぜひご見学

ください^v^

【見学会はコチラ】

 

さて、今回は営業鈴木さんがご紹介した「低炭素住宅」の効果についてのお話です。

【前回ブログはコチラ】

 

カテゴリ
月別一覧

▲上へ戻る

produce by 無垢story

月別一覧

資料請求 ショールーム
会員登録
会員ページ

既に会員の方

LOGIN

まだ会員登録を
されていない方

会員登録

FACEBOOK