岐阜の注文住宅・新築一戸建ては「無垢ストーリー」の山喜建設へ

  1. ホーム
  2. つれづれ

つれづれ

床材の種類と特徴 その2

[ Category: 日々の日記 ]

 複合フローリング

合板や薄い板を積み重ねて造られた

基本となる材料の表面に

天然木の薄板や木目を印刷した

化粧シートを貼った床材です。

湿度や温度変化に強く、反りや

ねじれが少ないのが特徴です。

froor-img-11-15.jpg

 

続きを見る

床材の種類と特徴 その1

[ Category: 日々の日記 ]

 単層フローリング

 

無垢の板材を使った床材です。

無垢材は自然素材の持つ優れた質感や

保湿・調湿・吸音性があり

年月の経過とともに素材の味わいを

楽しむことができます☆

 

 room_yuka_flooring.png

続きを見る

健康を守る漆喰

[ Category: 日々の日記 ]

室内で発生するカビは喘息や

アレルギーの原因となります。

湿気の多い日本において湿度コントロール

こそが、カビの発生を抑えるカギと

言えるでしょう。

漆喰は多孔質で木と同様に湿気を

吸収してくれるので、カビ対策には

有効な建材です!

また強アルカリ性の性質がカビの

発生を抑える働きをしてくれます。

3666.png

 

続きを見る

環境を守る漆喰のお話

[ Category: 日々の日記 ]

石灰石を950度の低温でゆっくり

熟成することで、細かく均一な

粒子の生石灰を生成し、それを

3か月間水で熟成させます。

そうして出来た漆喰は、呼吸性が高く

柔軟性と硬さを持ち合わせた強固な

壁材となります!

化学物質の力を借りずに空気中の二酸化炭素を

吸収しながら結合し「再石灰化」します。

天然素材100%なので紫外線劣化せず、

廃棄後には地球に還るエコロジーな素材です。

 b1.png

 

続きを見る

木の家は環境破壊になったりしないの?

[ Category: 日々の日記 ]

木造住宅は、他の材料を使った

建築よりも、環境負荷が小さいと

言われています。

木造住宅の建物で排出される

二酸化炭素の量を「1」とすると、

鉄筋コンクリート造は4.24倍

鉄骨プレハブ造は2.87倍と

言われています。

伐採後は新たな苗を植え

30?50年で利用可能な資源が得れ

樹木は二酸化炭素を吸収してくれます。

sono5-4-1.png

続きを見る

【施工実績エリア】安八町、池田町、揖斐川町、大垣市、大野町、各務原市、岐南町、岐阜市、神戸町、関市、垂井町、羽島市、瑞穂市、美濃市、美濃加茂市、本巣市、一宮市、犬山市、江南市、小牧市、東郷町、豊田市、名古屋市、扶桑町、他