床暖房を超えた「全館暖房の家」とは?/岐阜の注文住宅・新築一戸建ては無垢ストーリーの山喜建設

  1. ホーム
  2. コラム
  3. 住宅性能の話

COLUMN 住宅性能の話

床暖房を超えた「全館暖房の家」とは?

[ Category: 住宅性能の話 ]

床暖房を超えた「全館暖房の家」とは?

冷房はもちろん暖房にもエアコンを使用している方が増えています。
最近のエアコンは省エネ性が向上し電気代が安く便利機能が満載です。
でもエアコンの電気代ムダに払っていませんか?

今回ご紹介するのは、床暖房よりもメンテナンスコスト快適さを比較してもメリットが大きい世界初の暖房・冷房パネルシステムを使用した画期的な「全館暖房の家」です。

その「床暖房」壊れたらどうしますか?

世界初の暖房・冷房パネルってどんなシステムなの?

一言でいうと、春の陽だまりのような遠赤外線の暖かさで、
1台のエアコンだけで、1階から2階まで温まるという、
今までの常識からは想像のつかない世界初の不思議なシステムです。

どんなシステムかと言いますと・・・
エアコンと暖房パネルを連携させて、エアコンの室内機で出し切れなかった熱を再利用して、
部屋に設置した暖房パネルに送り込み、このパネルがあったまって、
遠赤外線を放ち、部屋全体が温まるというしくみです。
仕組みを図式にするとこういう感じです↓

輻射式 暖房(冷房)パネル仕組み図

暖房時、エアコンは室外機で「冷媒」という物質を暖め「液状態」で室内機に冷媒を送ります。
室内機で温風を放出すると冷媒は一部ガス化(二相状態)します。
この時点で冷媒には室内機が放出しきれなかった熱があります。
この室内機で出し切れなかった熱を暖房パネルに送り遠赤外線として熱を放出します。
暖房パネルは電気を使わずエアコンの余った熱を再利用するので「とっても省エネ」なシステムなんです。

この暖房パネルとエアコン1台で約40坪の住宅の全てを暖房します。
パネルを設置したリビングから徐々に暖かさが広がり、トイレや洗面室、脱衣室まで温まります。
冬場は24時間付けっぱなしにしますので電気代が心配なところ・・・

下のグラフは冬の東京都で24℃設定で実験した時の消費電力の比較表です。
暖房パネルと連動して使用する方がエアコンのみで使用するより、消費電力が34%も少なくて済むなんてびっくりですよね? これなら電気代の心配もなく、エアコン1台で全館暖房は夢ではありません。

消費電力比較図

暖房パネルは大型のオイルヒータのような形状ですが、お部屋に取付けるとこんな感じ↓↓↓

輻射式 暖房(冷房)パネル

私も体感しましたが、とっても不思議な心地よい温かさで
ほんと、「春の陽だまり」のような体の芯からやさしく暖まる感じです。
結構、感動します
床暖房より部屋全体が温まる感じで、ほんと心地よいです。
エアコンと連動しているので、暖まるのもあっという間、早いです。
だから、寒暖差がある春先や晩秋にはコントロールしやすく便利です。

まずは体感して頂くのが一番分かりやすいと思います。
各務原展示場に導入しましたので、ご体感いただけると
より良さが分かって頂けると思います。

夏の冷房にも使える!夏の夜は夜風でじゅうぶん!?

この暖房パネルの凄い所は、冬だけでなく、夏も同じ原理で冷房パネルとして使えるんです。
パネルが冷やされ「冷輻射」で熱がパネルに奪われることで涼しくなります。風が出ないので冷え症の女性には優しい冷房としてとっても喜ばれます。

「全館暖房の家」は断熱性能が最高レベルの「低炭素住宅」を標準仕様としており、更に断熱材では止めることが難しい"輻射熱"を反射する「熱反射シート」を屋根、壁、床の全てに張り巡らせています。熱反射シートは夏の太陽で熱せられた屋根や外壁から放出される輻射熱を反射しますので、室内がひんやりとし、夏の夜エアコンを付けなくても夜風で涼しく過ごすことができる優れものです。冬は室内の熱が外に逃げるのを室内側に反射し保温してくれるので冬の暖房効率を大幅に上げてくれます。

遮熱シート施工風景

断熱材では止められない熱を止める「熱反射シート」とは? ⇒ 詳しくはこちら「その断熱で大丈夫?断熱材では止められない熱とは

冷暖房効果を損なわない換気システムは「ダクトレス」の時代!

「24時間換気」が義務化の今、暖房や冷房した空気を換気で外に捨てるようなことはもったいないとお考えの方は多いのではないでしょうか?
この問題を解決してくれるのが「熱交換換気扇」です。
換気と同時に室内の空気の熱を外の空気に移し替えてしまう優れもので最近多くの住宅に採用されています。
この換気扇であれば熱がムダにならないので"問題解決"と言いたいところなのですが、別の困った問題があるのです。
熱交換換気システムの多くが「ダクト式」と呼ばれるもので、空気を吸気、排気するのにパイプを使用しています。
天井や壁の裏にダクトと呼ばれるパイプを通し部屋の空気を換気します。

換気する部屋の空気の中にはホコリや食事の煙などが含まれます。これらがダクトの中に入り込んだらどうなるでしょう?
ダクト内は汚れ、ひどくなるとカビや雑菌が繁殖することになります。
このダクトを通した空気を吸うとしたらぞっとしますね。

ダクト内のカビの様子

全熱交換素子のカビの様子

「全館暖房の家」ではこの問題を解決した「ダクトが無い」熱交換換気システムを採用します。ダクトが無いのでカビや雑菌が繁殖することが無く安心です。お手入れもとっても簡単で、フィルターの掃除も楽々行えるのが嬉しいです。さらに花粉対策フィルターで花粉症でお悩みの方にもぴったり!いつまでの綺麗な空気で暖かく健康的に暮らせます

システムのご紹介

さらに電気代は、一般的なダクト式の熱交換換気扇に比べ年間で約15000円安く10年間で15万円もお得になり家計に嬉しいのも魅力です。

床暖房と比較してもメリットがたくさん!「温ったCafe」と比べては?

世界初の暖房・冷房パネル」「熱反射シート」「ダクトレス熱交換換気扇」の3つを組み合わせた全館暖房の家を「温ったCafe」(あったカフェ)の商品名でお客様にご提案しています。
販売開始後1カ月で数名のお客様からご採用をいただき大変ご好評を得ております。全館暖房システムとして床暖房をお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、温ったカフェのシステムは床暖房を使用した全館暖房と比較してもランニングコストが少ない等メリットがいっぱい!
一度その性能を含め比較されてはいかがでしょうか?下記に比較表をご用意しましたのでご参考にしてください。

(参考記事:その「床暖房」壊れたらどうしますか?

その「床暖房」壊れたらどうしますか?

この全館暖房の家「温ったCafe」は熱工学の専門家である、静岡大学 中山 顕 名誉教授 からお墨付きをいただきました! 下記の「推薦状」をご覧ください。

温ったCafe 全館暖房の家

温ったCafe 全館暖房の家 比較表

熱工学の専門家である、静岡大学 中山 顕 名誉教授もおすすめ!

熱工学の専門家である、静岡大学 中山  顕  名誉教授 もおすすめ

無垢Story(山喜建設株式会社)が提案する全館暖房システム「温ったCafe」は、省エネ快適性および衛生面のすべてにおいて、他に類を見ない極めて優れたものであります。エアコンと輻射パネルの組合せで大幅な省エネを可能とする「エアコン連動型輻射パネルシステム」と、熱交換と衛生の両面において優れたセラミック熱交換素子内臓の「ダクトレス熱交換・換気システム」を採用しております。両システムの導入に加え、高い遮熱性および断熱性を有する高純度アルミシートとして実績のある熱反射シート「サーモバリア」を、屋根、壁、床の全面にわたり使用することで、完璧な「全館暖房の家」を実現しております。熱工学的にも人間工学的にも優れた全館暖房システム「温ったCafe」を強くお薦めいたします

暖房・冷房パネルや換気システムなどにご興味のある方は是非、お近くの展示場までご予約の上お越しください

各務原展示場ボタン_03.png  
県庁前展示場ボタン_06.png
関連記事
人気の記事