1000万円台で注文住宅を建てるには? 予算内でも建てるコツ/岐阜の注文住宅は工務店の無垢ストーリー(山喜建設)

  1. ホーム
  2. コラム
  3. お金の話

COLUMN コラム

1000万円台で注文住宅を建てるには? 予算内でも建てるコツ

[ Category: お金の話 ]

家と図面

2019年度、住宅金融支援機構のデータによると、東海圏の住宅面積の平均は約38坪、建築費は約3454万円(土地取得費除く)。
もちろん、この金額は建築の工法などでも変動しますが、おおよその基準として知っておくといいでしょう。
それを考えると1000万円台・2000万円台の家なんて実現できたとしても品質が劣っているのではないか・・・
と思われそうですが、一概にそうではありません。

注文住宅は工夫次第で予算をおさえ、こだわった家を建てることができます
最近では1000万円台から建てられるローコスト注文住宅は人気で、多くの方が建てています。
今日は予算を抑えて注文住宅を建てる方法をご紹介します。

予算がどのくらいかを把握する

まず一番大事なのは予算がいくらかを確実に把握する事です。
予算の範囲内でこだわった家を建てるために、
絶対に抑えておくべき重要なポイントです。

詳しくは以下の記事をお読みください↓
コラム/「家を建てたいと思ったら、必ず最初にすべきこと

予算が分かったところで、具体的にどんな形ならコストダウンできるかを一部ご紹介します。

外観の形をシンプルにする

同じ床面積でも、外観の形を複雑にするとその分コストがかかってしまいます。
一番コストが抑えられるオススメの外観は、凹凸のない長方形・正方形で、1階と2階の面積が同じ総二階の家です。
この形の家は、基礎に負担がかからず土台もしっかりし、機能面でも嬉しいメリットがあります。
さらに、屋根も傾斜が1面の片流れ屋根や、山の形の切妻屋根にするとなおコストが抑えられます。

例えば、

家の写真
無垢Storyの施工事例

家の写真
無垢Storyの施工事例

弊社の施工事例をご紹介しましたが、
総二階の家も工夫次第でシンプルでカッコよくなります。

間取りも、水廻りの位置をまとめると配管工事費用が少し抑えられるうえに
家事動線も短くなり、家事効率もアップします!

必要最低限の広さにし、壁を少なくする

1000万円台のローコスト住宅は、30坪程度の広さが一般的で、
廊下を少なくし、子ども部屋を少し狭くし、その分家族で集まれるLDKを広くして、
会話をしたり家族と過ごす時間が増えるような設計が人気です。

また壁を少なくしてシンプルな間取りにすることで費用を抑えることができるので、
部屋数は出来る限り少なく、扉の数を減らすと良いでしょう。
壁を少なくすると、広々とした部屋を確保することができるので採光・通風の面でもメリットがあります。

家の写真
無垢Storyの施工事例

コーナーを活用する

リビングや階段、廊下などの一角にコーナーを設けることで、部屋をつくるコストを削減できます。
例えば、リビングの一角にスタディコーナーを設けると、家事をしながら子供の勉強を見ることができるので一石二鳥。

その他、コーナーを上手く活用すればちょっとした趣味のスペースや書斎をつくる事が出来ます。
欲しい部屋が上手くはまらない時に、便利なテクニックです。
オープンな空間になるので、家族のコミュニケーションの場にも使えます。

注文住宅は工夫次第で快適で便利な生活を送ることもできるし、金額もコントロールできるのが大きな魅力です。

家の写真
無垢Storyの施工事例

家の写真
無垢Storyの施工事例

設備や建材のグレードを見直す

設備や建材は様々な種類があり、グレードによって値段も大きく異なります。
安くても見た目が劣らないものも数多くあるので上手に利用しましょう

例えば、LDKなど家族みんなが集まる場所は質感がよく比較的高価な漆喰などの自然素材を使用し、
それ以外の部屋は比較的安価なビニールクロスにする、
タンクレスのトイレにすると手洗い器が必要になるので“タンク付”にする、
など工夫するのもひとつの方法です。

建築会社によっては、大量仕入れなどの企業努力でコスト削減を実現している会社もあり、
思いの他、欲しいものがお値打ち価格だったりすることもあるので、
信頼できる建築会社に希望の予算内におさまるか相談するのがおすすです。

家の写真
無垢Storyの施工事例↑

こだわるところにメリハリをつける

間取りを考えている中で、譲れないものやこだわりたいところがたくさん出てくることでしょう。
その中で「これだけは譲れないもの順位」をつけてみると、どこに一番お金をかけるべきかが分かってきます。

家の写真
無垢Storyの社施工事例

例えばこちらのお住まいは、和室・収納・ウォークインクローゼットの建具や、
洗面台、キッチン収納の戸棚など削れるところは極力カットし、浮いた予算で
オプションを選ぶなどコストバランスに工夫を凝らしています。

どこにお金をかけるかをはっきりさせることで、設備や建材のグレードの見直しにもなります。

まとめ

注文住宅だからこそ価格のコントロールも可能です。

我慢したり諦めたりするのではなく、こだわるところとそうでない所を見極めることが
ローコストで注文住宅を建てるコツです。
他にも予算をコントロールしてステキな家づくりをする方法はたくさんあります。
信頼できる建築会社と相談して、予算内で家づくりを楽しんで頂けたらと思います。

「みんなどのくらいの金額で注文住宅で家を建てているんだろう」と気になったら、
弊社の施工事例を特別に価格入りでご紹介していますので
大きさや価格などご参考にしてください
1000万円台の物件も多く掲載しています↓

価格が分かる施工事例

 

お気軽にお近くの展示場でご相談ください。土日祝のご相談はご予約をおすすめ致します。

各務原展示場ボタン_03.png  
県庁前展示場ボタン_06.png

 

関連記事
人気の記事