プロが教えるローンの得技/岐阜の注文住宅は工務店の無垢ストーリー(山喜建設)

  1. ホーム
  2. コラム
  3. お金の話

COLUMN コラム

本気で家を建てたい人限定|プロが教えるローンの得技

[ Category: お金の話 ]

家と電卓

 

早速ですが、家づくり進んでますか?
家って途方もない金額で自分はどの値段で買えるのか、実感が湧かないですよね。
だって今まで値上がりした400円のキャベツに「高い!」なんて言ってたのが、
急に2000万円です、2500万円です、なんて言われても途方のない数字で不安になってしまいますよね。

 

ですから今日は「私でもこの家買えちゃうかも!」と思えるような得技をご紹介します。

家づくりのスタートはまず予算決定から

あなたがもし最初にパンフレットやモデルハウスを見学しているなら、それは一度部屋の隅に置いておきましょう。
一番初めにすることは「予算を確定する事」です。
そんなこと、分かってるよと思いましたか?
しかし以外にもできてない方は多いんです。

予算の確定はまず「事前審査」から

銀行からお金をいくら借りられるか聞いていますか?
もし聞いていたらこの項目はスルーで構いません。
もし聞いていないのなら…予算を確定させるために「事前審査」を行いましょう。

 

審査…というと難しく聞こえますが、要するにどのくらい返済できる力があるかを判断しますということです。
なぜそんな面倒な事をしなければいけないのか…と思いますが、とても重要なポイントで、
事前審査で借りられるお金を把握することが、家の値段を現実に感じられる第一段階となります。

メリット① 家の値段に現実味を感じられる

事前審査前に話し合うべき3つのことは…

 

「ローンの毎月の返済額をいくらまでにするか」
「ボーナス返済は利用するか、利用するならいくらまでにするか」
「借入期間を何年にするか」

 

月々の返済額から総額いくら借りるかを決めていくので、いくらまでの家なら自分でも買えるかが分かりやすくなります。
例えば月々7万円返済するとして、借入期間を35年間とすれば…

 

7万円×12ヶ月×35年=2940万円

毎月の生活費に上乗せしても苦しくない返済額をじっくり話し合いましょう。

メリット② ローン事故がないか調べられる

事前審査には過去にローン事故がなかったかも含めて審査します。
ローン事故とは、ローンの支払いが遅れたり滞る事を言います。
最近よく聞くのは「ケータイ料金の支払いが遅れた」「ETCカードの残高不足」ですかね。
もしローン事故が過去にあった場合、「ブラック扱い」となってしまい、
銀行からの融資が受けられなくなってしまうのです!

 

私の営業したお客様の体験談でこんなことがありました…

 

某大手金属加工メーカーに勤めるAさんはこういいました。
「大丈夫、銀行は心配ないよ!」
建替えの契約を済ませてから現在の住居を解体し、いよいよ工事開始…というタイミングでなんと
銀行へ行ったらブラック扱いに…。
実はAさんは若いころにカードローンを組んでその後に引っ越し、
口座残高不足のためローン会社から督促状が出ていたのが「引越先に届かず放置されていた」のです。
本人がまったく気づかなかった事による不可抗力にもかかわらず、銀行は容赦ありません。
それからAさんは3年以上工事が開始できなかったのです。

 

稀にですがこんなこともありますので、たとえ「ローン事故なんかない!」と思っててもやって損はないですよ。

事前審査の得技ポイント

さて、いよいよ事前審査ですが、ここで私からアドバイスです。

 

それは「決めた額より多めの金額で事前審査を依頼する」

 

どういう事かといいますと、土地・建物込みで3500万の借入れを計画している場合、
銀行には3700万円で事前審査を依頼します。
事前審査はいくら借りるかを決定するのではなく、上限がいくらなのかを決定するものです。
つまり、事前審査で通過した金額よりも多く借り入れることができないのです。
だからこそあらかじめ多めの金額を審査してもらう事で、予測不能な事態を回避できるのです。

まとめ

借りられる上限さえ分かれば、お財布の中身はもう安心。借入金額を決定するタイミングは住宅の契約後になります。

 

・家の値段は月々の返済額に換算してみる
・事前審査をして銀行から借りられる上限を知っておく

 

この二つを掴めばどの家が手に届いて、どのくらいこだわれるのかが何となく掴めると思います。

 

また、個別セミナーを随時開催しています。所要時間30分でお客様には喜んでいただいています!

 

無垢ストーリー、各務原展示場にて開催(セミナー時間:約30分) ※ご予約受付中

お申込みはこちら

「銀行でも教えてくれなかった話で驚きました!」
「将来を考えたらこのローンしかない事が分かりました」
「手続きもカンタンで、忙しい中でも助かりました」
「この話を聞けただけでなんだか得した感じで嬉しかったです」

 

などなど…。説明したものとしても嬉しいお声です。

 

その内容は…
1.変動金利と固定金利どっちがいいのか?
2.過去の金利推移から読み解く金利の動向とは?
3.なぜ銀行ごとに金利と手数料が違うのか?
4.断然安心なローンがあります
5.金利優遇まで受けることができるローンとは…

 

本気でマイホームを建てたい方で興味がありましたら、いつでもお待ちしております。

関連記事
人気の記事