お知らせ/断熱材の落とし穴

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. お知らせ
  4. 断熱材の落とし穴

お知らせ

断熱材の落とし穴

[ Category: お知らせ ]

 

その断熱で大丈夫? 断熱材では止まらない熱の話
高断熱なのに夏エアコン無しで眠れない訳とは

 

 


寒くなると気になるのが断熱。高断熱住宅が気になる方も多いかと思います。しかし冬だけでなく夏も活躍している断熱材。高断熱だからといって夏冬快適!なんて思っていると意外な落とし穴が・・・


最近は断熱材をふんだんに使用した「高断熱住宅」を標準仕様としたハウスメーカーが増えています。高断熱住宅なら快適に過ごせると思いがちですが、高断熱住宅のほとんどが “夏の夜クーラー無しでは眠れない” のです窓を開けて冷えた夜風を通しても部屋の中が暑いのはなぜなのでしょうか?


そもそも「断熱材」とはどういうもの?
「断熱材」とはたくさんの “空気の層” で出来たものになります。
空気は熱が伝わりにくいため、この特性を利用し空気の層をたくさん重ねたものが断熱材です。


 
断熱材と同じ働きの身近なもの
断熱材と同じように空気の層からできたものとして「ダウンジャケット」「布団」「保冷容器」があります。ダウンジャケットが暖かいのは断熱材と同じ働きがあるからなんです。


 
「布団」を例に考えてみましょう
断熱材と同じ構造の「布団」を天日干しした経験はありますか?
太陽の熱をいっぱい吸い込んだ布団は“ポッカポカ”になりますよね!
もし布団が家の断熱材だとしたら夏に家の中はどうなりますか?

天日干しした布団をかぶった状態になり、夜エアコン無しでは眠れなくなります




 
断熱材の誤った認識
多くの方が「断熱材は熱を止めるもの」と思っています。これは間違いで正確には「断熱材は熱の伝わりを遅くするものなのです。
断熱材は熱の伝わりを遅くする過程で “熱を吸収” してしまうのです。高断熱の住宅が夏の夜、暑くてエアコン無しで過ごせないのは断熱材が日中に吸収し貯めこんだ熱を夜室内に放出するためです。



 
夏冬快適な断熱方法とは
「じゃあどうすればいいの?」と思われた方。
ご安心ください!日本の断熱技術は進化しています。夏涼しく冬暖かくなる方法があるんです。

詳しくはこちら »