エコ住宅にヒントがあった「快適な住まいの共通点」/岐阜の注文住宅・新築一戸建ては無垢ストーリーの山喜建設

  1. ホーム
  2. コラム
  3. 住宅性能の話

COLUMN 住宅性能の話

エコ住宅にヒントがあった「快適な住まいの共通点」

[ Category: 住宅性能の話 ]

エコ住宅イメージ

マイホームを建てようと建築会社を探しているときに必ず耳にするのが

「うちは高気密高断熱だからいいんですよ」
「環境に優しいエコ住宅なんですよ」

という話。正直、家の性能やエコのことを言われてもよく分かりません。

でも分からないまま、マイホームを建てるのも不安でしょうがないですよね。

私は普段、注文住宅で建てたお客様の家の住み心地を取材して回っているのですが、
その中で見つけたのが2つの共通点でした。

共通点① リビングが広いのにエアコンの効きがいい

私の取材する家で、狭いリビングの方はほんの一握り程しかいません。
皆さん自由に走り回れるくらい広いリビングのお部屋を持っています。

ある夏の39度越えの猛暑(もはや酷暑)に取材へお邪魔させていただいたお住まいに驚きました。
「エアコンが一台しかないのにこの広いリビングが涼しい…」

それは別のお住まいでもありました。
ちょっとした吹抜けがあり、2階まで冷たい空気が流れてしまうであろう間取り。
そこでもリビングはとても涼しく快適だったのです。
取材させて頂いたお施主様も「7月になるまでエアコンを付けることがなかったくらいです」と。

びっくりですよね。

設定温度を見させてもらいましたが、特別低いわけでもありませんでした。

広いリビングはエアコンの効きが悪そうなイメージを覆した理由を詳しく調べると、
冒頭の「高気密高断熱」に行きつくんです。

魔法瓶のような家が「高気密高断熱」

魔法瓶って中に入れた飲み物をなるべく一定の温度にしてくれますよね。
それと一緒なんです。性能のいい家はちょっとお高めな魔法瓶と同じ。
魔法瓶も性能がいい程保温力に優れていますよね!

高気密高断熱は言い換えれば保温力が優れた家って事ではないでしょうか?

共通点② なぜか光熱費が安い

どのお住まいも「アパート暮らしより光熱費が安くなりました」って言うんです。光熱費の領収書も見せてくれました。

私が過去一番驚いたお住まいをご紹介します。

光熱費グラフ

もちろんお施主様には許可済みです。
私はマンション住まいなのですが、同じくらい払っています。
一軒家なのに、光熱費がマンションと同じくらいなんて、私の常識にはありませんでした!

ちなみに総務省統計局の調査結果によると一軒家あたりの平均光熱費はこんなかんじだそうです。

総務省統計局画像

総務省統計局HP(http://www.stat.go.jp/data/kakei/longtime/

一世帯当たりの光熱費を月平均にしてみると16,336円。
やっぱり、ここのお住まいは安い…。しかも特別なことは何一つしてないそうです。
ふと疑問に思い、性能のいいお住まいのデータをいくつかいただいてきて並べてみました。

月間平均光熱費

やはり使い方や生活の仕方で個人差はかなりありますが、それでも平均以下という結果に。
これはもしや「高気密高断熱=保温力がいい=光熱費がかからない」と置き換えてもいいのでは…?

保温力がよければ氷の数は少なくていい

家=水筒、氷=光熱費に置き換えてみてください。
ずっと冷たい水を持ち歩くとき、ペットボトルを凍らせたり、氷をたくさん入れたりしませんでしたか?

氷の量が多ければその分長く冷たさを感じますよね。でも保温力がよければ氷をたくさん入れなくても冷たい。

これと同じで、家も保温力がないとすぐ温くなってエアコンが必死に冷やそうとし、逆に保温力さえあれば
エアコンが頑張らなくともちゃんと冷えた状態がずっと続くのではないかなと考えました。

まとめ

この体験談とデータから、高気密高断熱とどこの建築会社も謳う理由も分かったと思います。
いままで、広さやオシャレさで「快適そう」と感じてきましたが、家の性能にも着目してみようと思いました。

ここまで読んで下さった方へついでに宣伝なのですが、
いままで調査してきたインタビュー記事をまとめたサイトが下記のリンクから見られます。
今回取り上げたデータ以外のお住まいもありますので、興味があればのぞいて見てください。

光熱費実例

関連記事
人気の記事