愛知 岐阜の注文住宅は、「無垢ストーリー」の山喜建設へ

  • COMPANY
  • SITEMAP
  • CONTACT

愛知 岐阜の注文住宅は、「無垢ストーリー」の山喜建設へ

ホーム> 家具の制作現場より

家具職人河島さんの家具制作奮闘記

[ 2017年06月13日 Category:その他 ]

こんにちは。カエルチームです。

以前は、このブログも4チームのグループで順番に書きあっていたのですが、いろいろありまして…事情は

割愛しますが、2チームにグループを組み直しました。

以前は、家具や建具や塗装などの工程ごとで分かれていましたが、今回からは、塗装・階段・棚板・押入れ

その他もろもろ製作していたメンバーと一緒に、無垢ストーリーがなぜ心地いい空間かというのを伝え

られたらなと思います。

また、チーム家具屋姫で長年にわたり家具製作を担当しておられた、長谷川さんが3月いっぱいで

退職されました。定年退職です。

本当に長い間、本当に、本当にお疲れ様でした…。

 

今回は家具づくり後継者として白羽の矢が立った、河島君の奮闘記をご紹介します。

 

170613-3.jpg170613-5.jpg

無垢ストーリーの家具はご存じの方もいると思いますが、一つ一つ手作りされた一品もの。

真心こめて一物件ずつ作っています。

 

170613-1.jpg

170613-2.jpg

現在はNCルーターの入力データーを家具の展開図から考えたり、NCルーターで加工を行ったりして、

頑張ってくれています。

われわれは業務に慣れない河島君の仕事をサポート。

きっとそのうちサポートがなくとも、十二分に活躍してくれることでしょう。

 

今回はこの辺で…。

玄関ドアのご紹介

[ 2017年05月10日 Category:建具の製作 ]

今回はBeWood製玄関ドアを紹介します。

最近、Bewood製の玄関ドアをご注文されるお客さまが増えてきました。

 

170510-1.JPG
今、製作している玄関ドアは飾り蝶番と飾り鋲の取り付いているドアです。
飾り蝶番は、名前の通り実際にはドアの閉開には関係なくデザイン的に外部側に取り付けた金物です。
 
170510-3.JPG
飾り鋲も同じくアクセントに取り付けています。
金物を取り付けることにより、重厚間が増した玄関ドアに仕上がります。
中世ヨーロッパの木製ドアのようなアンティークさが出ますね。
 
170510-4.JPG
また、自社製のタモ材で製作したバーハードルもお客さまに人気があります。
お客さまの中にはオンリーワンの自然木バーハードルをご注文されるお宅もあり、お客さまの好みによって
他にはない玄関ドアが出来上がります。
 
実際に現場見学会など足を運ばれご覧になってください。

BeWood造作のキッチンをご紹介

[ 2017年04月18日 Category:家具の製作 ]

今回はBe Woodのキッチンをご紹介します。

家具や建具を自社で造作している弊社ですが、キッチンも手作りで作っております。

既製品のキッチンと一緒にご提案させていただいているのですが、最近Be Wood製のキッチンを選ばれる

お客様が増え、喜ばしい限りです。

 

170417-1.JPG

キッチンキャビネットと同じく無垢材で造作・塗装をしているのでより統一されたカフェ空間に仕上がります。

170417-2.JPG

コチラはキッチン前カウンターにニッチを施工。正面から見るとカウンターしか見えないという、生活感を隠せる

キッチンです。

天板は、人台とステンレスがあり、デザインや仕様も様々なものに対応します。

 

170417-3.JPG

正面はリビング用の収納になっている対面キッチンです。

コチラのお客様は取っ手無しの収納にこだわられ、すっきりとしたデザインです。

 

キッチンも部屋の一部となるインテリアです。

キッチンにこだわられたい方はぜひご相談ください。

長いキャットウォークを製作中

[ 2017年02月16日 Category:家の製作風景 ]

今回は現在加工中のキャットウォークの根太材についてご紹介します。

キャットウォークとは、元々高所にある猫の通り道の事をいい、それが転じて点検や作業のため?い位置に

設置された狭い通路や足場のことをいいます。

主に吹抜けのあるお住まいにご採用頂くことがあります。

 

基本、木材での施工の場合は…
 
d_02.jpg
写真のような1mほどの長さの根太で施工されることが多いですが、今回製作するキャットウォークは違います。
 
170216-1.JPG
なんと!2.9mの材で、1.8×2.9mの吹抜け部分全部に根太が敷かれます!
写真はためしに並べてみたものです。
 
170216-2.JPG
下から見るとこんな感じです。
プレナーで削り、寸法は6×6cm角にしてあります。
 
170216-3.JPG
上側の角面をトリマーで加工…
 
170216-4.JPG
後はペーパーでサンディングして着色塗装となります。
 
工場では、様々な形状・寸法・仕上がりの材料を加工していますので、見学に見える際は是非いろいろ
ご覧になってください。
 
 

ノタ付きの建具材のお話

[ 2017年01月14日 Category:建具の製作 ]

今回はノタ付きの建具材についてのお話です。

『ノタ付き』とは丸太の皮部分が付いていることを言います。装飾用材として使われることもあります。

170116-1.jpg

丸太(元木)が木材市場から本社へ入ります。

丸太の形状を活かして使用するため、始めに製材機で半割にします。


170116-2.jpg

次に半割をした材料を製材機でスライスしていきます。

製材された材料は約2ヶ月ほど自然乾燥させます。

 

170116-4.jpg

乾燥後に様々な加工をしてまるたの形状が活かされたノタ付きの建具が出来上がります。

170116-5.jpg

ノタ付きの建具は和室や和風の家がピッタリですね!

この他にもいろいろなデザインの建具がありますので、本社工場へ見学された時はぜひご覧くださいませ。
 

カテゴリ
月別一覧
  • 施工事例
  • 資料請求

▲上へ戻る

produce by 無垢story

月別一覧

資料請求 ショールーム
会員登録
会員ページ

既に会員の方

LOGIN

まだ会員登録を
されていない方

会員登録

FACEBOOK