Produce by 無垢Story (山喜建設株式会社)

使う素材を自由に選べる

  1. ホーム
  2. コンセプトと特徴
  3. 使う素材を自由に選べる
使う素材を自由に選べる ダイニングキッチン使う素材を自由に選べる ダイニングキッチン

質感で愉しむ
ワンランク上のリノベーション

  • おすすめは自然素材

    無垢Storyのリノベーションではお好みの素材で空間のレイアウトが可能です。おすすめは自然素材。壁や天井すべてに漆喰を使うこともできますし、オガファーザーという自然素材の紙クロスを張り、コストを抑えることもできます。天井に杉板を、アクセントウォールにレッドシダーを...そんなご要望にもお応えします。無垢の床材はナラやパイン、ヒノキやスギやカエデとご自由にお選びいただけます。

  • アクセントで遊ぶ

    その他の素材にももちろん対応いたします。寝室や子供部屋、トイレや収納の中にはアクセントクロスを張ったり、どうしても汚れが気になる箇所の床はクッションフロアにしたり、キッチンや洗面にモールテックスを使いモダンな印象に、タイルを貼ってレトロな雰囲気に…バリエーションは様々でまさに自由自在。お客様の理想ををとことん追求していきます。

森林のイラスト自然素材は、
体にも優しいのが嬉しい

本物の木のぬくもり

今お住まいの家の床は冷たくありませんか?湿度が多い日にはべたべたしませんか?それは木ではなく、木目調のシートを張った、加工品の床だからです。

無垢Storyが使う無垢の床は木そのものなので、木のあたたかさ柔らかさを直に感じることができます。冬場素足で歩いてもほんのり温かく年中さらさらとした肌触りは、思わず床で寝ころがってくつろぎたくなるほど。視覚的にも美しい木目に癒され、キズがついても表面を薄く削り塗装を施せば新品同様に戻すことができます。

さらに無垢Storyが無垢材に使う塗料は自然塗料なので赤ちゃんが舐めても安心です。また、無垢の床は経年変化で年月を追うごとに色合いが変わるのも楽しみの一つです。

無垢材とシート貼りの違い
↑シート貼りは、木目調のシートを貼ったMDF(中密度繊維板)と呼ばれる床材です

驚きのパワーを秘める漆喰壁

年月が経てばどうしても黒ずんで来てしまう壁紙に対し、漆喰は何年経っても真っ白のまま。強アルカリ性の漆喰は自浄作用があり、匂いや雑菌を分解し湿度も調整してくれ、お部屋の中を常に快適な状態に保ちます。漆喰のメンテナンスも簡単で、欠けた部分はブラシ等で塗り直すだけ。自然素材は費用の面でも将来的なメンテナンスコストを考えれば、意外とリーズナブルな選択とも言えます。

漆喰壁
↑効果はもちろんのこと見た目も高級感のある漆喰の壁

自由にできる6つの理由

メルマガ登録
お問い合わせ

モデルハウス【ご予約・ご相談】